夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究 工作といえば、何を作ろうか悩みます。小学校に入学した年ではじめての子供の場合は、何を自由研究したらよいか、何を工作してよいか悩みますよね。子供より親の方が悩むことが多いです。そんな小学生、ご両親に夏休みの自由研究 工作に関する話題を提供します。これで自由研究はバッチリとなるようにアイデアを提供します。最近は簡単に作ったり、自由研究できる工作キットや研究キットが発売されていて、自由研究を手軽に取り組むことができます。このサイトで提供させていただいた話題を元に、少しでもお子さんの夏休みの自由研究や工作のお手伝いができればと考えています。

電気自動車

電気自動車を研究する

夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究は悩みの種ですね。
自由というと何をしてよいか悩みます。
もっとも難しいテーマですね。

今日は、そんな方のためにヒントになることを考えたいと思います。
前回に引き続き
自動車の話題です。

今回は

電気自動車です。

電気自動車は、その名前のとおり電気を動力源として動く車のことです。

電気自動車の特徴

長所

・深夜電力などで充電することができて安価
・騒音が少ない
・電動のためCO2やNoxを出さない

短所

・騒音が少なく、気づかれにくく危険
・電池が高い
・充電に時間がかかる
・電気の充電スタンドが少ない

など
特徴があります。

これらの問題を克服しようと
さまざまな研究が進んでいます。

今回特徴をいくつか挙げてみましたが
それ以外に、どんな特徴があるのか
研究してみましょう。

そして、どんな電気自動車があれば
豊かな生活をおくることができるのかを
考えて見ましょう。

これを夏休みの自由研究としてはいかがでしょうか。
Chevrolet Volt:GM初の電気自動車シボレー・ボルト開発ヒストリー

自動車について考える

夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究は悩みの種ですね。
自由というと何をしてよいか悩みます。
もっとも難しいテーマですね。

今日は、そんな方のためにヒントになることを考えたいと思います。

今回は、自動車について考えてみたいと思います。

日本の自動車の販売台数でもっとも売れたのは何でしょうか。
2010年は、トヨタのプリウスが1番になりました。
それまでは、カローラが首位だったのですが、プリウスが一位になりました。

なぜ、プリウスが一位になったのでしょうか。

それは、地球温暖化問題や原油高など
さまざまな問題が絡んでいます。

日本では、景気が悪く、雇用がなかなか増えません。
つまり、家族が生活していくためには、お父さんやお母さんが働いて
稼ぎ、生活を豊かにしていくのですが、その働き場所が少ないのです。

雇用を生み出したり、経済をよくすれば
雇用が生まれるということで、
国で、自動車を購入するにあたって、税金を少なくしますよ。

という制度が2010年はありました。
エコカー減税というやつですね。CMで
見たことがあると思います。

そのおかげで、ガソリン車からハイブリットなどの低燃費で
環境にやさしい車に乗り換えた人が多かったのが
その要因です。

自分たちのまわりに、プリウスが増えたと思いませんか?
プリウス以外の環境にやさしい自動車についても
研究してみてはいかがでしょうか。

そして、君ならどうするのか。
考えてみるといいと思います。
ついにやってきた! 電気自動車時代 EVが変える!暮らし・経済・世界 (学研新書) (新書) / 舘内端/著