夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究 工作といえば、何を作ろうか悩みます。小学校に入学した年ではじめての子供の場合は、何を自由研究したらよいか、何を工作してよいか悩みますよね。子供より親の方が悩むことが多いです。そんな小学生、ご両親に夏休みの自由研究 工作に関する話題を提供します。これで自由研究はバッチリとなるようにアイデアを提供します。最近は簡単に作ったり、自由研究できる工作キットや研究キットが発売されていて、自由研究を手軽に取り組むことができます。このサイトで提供させていただいた話題を元に、少しでもお子さんの夏休みの自由研究や工作のお手伝いができればと考えています。

難民

コミュニティビジネスとは

夏休みの自由研究・工作ワールド


夏休みの宿題の自由研究や工作に関する話題を提供しています。

今日は、先日に引き続き
社会問題である。

買い物難民についてです。

買い物難民を救うために
地域がひとつになって、その課題を解決することに取り組んでいる地域があります。
それらの取り組みを

コミュニティビジネスといいます。

コミュニティビジネスとは

地域の課題をビジネスの手法を持って解決するというものです。

従来ならば、税金を投入してサービスをするというものですが
財源である税収も減少している今は、ビジネスの手法で
地域の課題を解決することが望まれています。

これらコミュニティビジネスについて
考えてみてはいかがでしょうか。

福岡発!戦略的コミュニティビジネス

買い物難民

夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究は悩みの種です。
このサイトでは、そんな悩みの解決のための話題を提供しています。

今日の話題は

買い物難民です。

このことを調べて、自由研究のテーマとしてみてはいかがでしょうか。


買い物難民とは、
地元のスーパーの閉店や商店街の衰退で
自動車の運転ができないお年寄りの方が
毎日食べる食料品などを購入するのが困難な状況に
なっているとう社会問題です。

駅前にあったスーパーが閉店。
郊外には大型スーパーが並ぶが
郊外にいく自動車がなく、買い物ができないとう高齢者がいる。

実際に、そのような地域では、閉店のことを聞きつけ
地元の商工会議所などが呼びかけをし
自宅に宅配サービスをしている地域もある。

そんな取り組みのことをいう。
自分たちの地域のこと、隣の町のことなど

買い物難民になっていないか?
どんな状況になれば、買い物難民になってしまうのか?

考えてみよう
議会と自治体 2010年 10月号 [雑誌]