夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究 工作といえば、何を作ろうか悩みます。小学校に入学した年ではじめての子供の場合は、何を自由研究したらよいか、何を工作してよいか悩みますよね。子供より親の方が悩むことが多いです。そんな小学生、ご両親に夏休みの自由研究 工作に関する話題を提供します。これで自由研究はバッチリとなるようにアイデアを提供します。最近は簡単に作ったり、自由研究できる工作キットや研究キットが発売されていて、自由研究を手軽に取り組むことができます。このサイトで提供させていただいた話題を元に、少しでもお子さんの夏休みの自由研究や工作のお手伝いができればと考えています。

磁石

夏休みの自由研究 磁石の原理を理解する5

夏休みの自由研究・工作ワールド


夏休みの自由研究を簡単に片付けるには
自由研究キットを使うのが一番です。

簡単に夏休みの自由研究を終わらせたいのならこちらをどうぞ。
磁石について学びながら学習できる!YK-11 ツリーオブナレッジ 磁石のかがく5250円以上送料無...

磁石を使って磁石の原理を学習します。また、実験を行うことによって実験のやり方を学ぶとともに結論をどのように引き出すかも学習出来るようになっています。

磁石の原理を体験して学びましょう。

磁石の実験・研究5

夏休みの自由研究の話題の提供

夏休みといえば自由研究が最大の悩みの1つ。
何をつくろうか考えてしまって、頭がフリーズ状態になることもしばしば。

そこで、自由研究キットをつかって自由研究をたのしみながら、身近な存在にしていきましょう。



紹介するのは、理科の先生が推薦する自由研究キットです。
理科で興味がわいて楽しい磁石を使います。

磁石を使った研究です。

磁石でスピーカーを作るというものです。
スピーカーは身近な存在としてありますよね。
音楽を聴いたり、テレビの音もそうです。

スピーカーの仕組みを理解できるのです。
こんな実験を通じて、自由研究を完成しましょう。

理科の先生が推薦する!! サクラ 科学実験シリーズ 音編(KZ-08E)  夏休み自由研究

磁石の研究をしてみるとさらに面白くなりますね。
磁石(じしゃく、magnet)とは、双極性の磁場を発生させる源となる物体のこと。一般に良く知られた性質として、鉄などの強磁性体を引き寄せる、地磁気に応答して方位を指し示す等の振る舞いを見せる。永久磁石と電磁石の2種類がある。

磁石とは
磁石にはN極とS極と呼ばれる2つの極(磁極)がある。異なる極は引き合い、同じ極は反発しあうという性質をもっている。地球そのものも磁石であり、北極地方にS極が、南極地方にN極がある。このため、方位磁針を使うとN極が北を、S極が南を指し示すので方位を知ることが出来る。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

磁石を作るというのもよい研究・実験でしょう。

鉄などの強磁性体に磁力をかけても弱い磁石になります。キュリー点以上に加熱し磁力をかけたまま冷まし、永久磁石を作るというのも面白いです。

・永久磁石の実験・研究



マグネットに関する自由研究キット5

夏休みの自由研究のテーマ・アイデア選び。

自由研究といえば、何を研究するのか悩みの種。
毎年の夏休みの最大のお悩み事ですね。

自由とういのは一番難しいかもしれません。
子供より両親が心配なのですね。
そのようなご両親に朗報です。

このサイトでは、自由研究をテーマに簡単にできるキットなどを紹介します。

今日紹介するのは、マグネットに関する自由研究キットです。


磁力を活かしカーレースなどを実施し、磁石について研究しましょう。研究して科学に興味を持ち、磁石について調べてみるのもよいいでしょう。

磁石とはで Wikiで調べてみると
磁石(じしゃく、magnet)とは、双極性の磁場を発生させる源となる物体のこと。一般に良く知られた性質として、鉄などの強磁性体を引き寄せる、地磁気に応答して方位を指し示す等の振る舞いを見せる。永久磁石と電磁石の2種類がある。

磁石にはN極とS極と呼ばれる2つの極(磁極)がある。異なる極は引き合い、同じ極は反発しあうという性質をもっている。地球そのものも磁石であり、北極地方にS極が、南極地方にN極がある。このため、方位磁針を使うとN極が北を、S極が南を指し示すので方位を知ることが出来る。

とあります。このように磁石の特性を学ぶと同時に、実体験することで科学の世界を垣間見ることができるでしょう。

自由研究キットで夏休みの宿題は完成!
学ぶことの楽しさ、喜びを得ましょう。

夏休みの自由研究にぴったり!【72時間限定!お得なポイント10倍中☆】【取寄品】スーパーマグ...