夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究 工作といえば、何を作ろうか悩みます。小学校に入学した年ではじめての子供の場合は、何を自由研究したらよいか、何を工作してよいか悩みますよね。子供より親の方が悩むことが多いです。そんな小学生、ご両親に夏休みの自由研究 工作に関する話題を提供します。これで自由研究はバッチリとなるようにアイデアを提供します。最近は簡単に作ったり、自由研究できる工作キットや研究キットが発売されていて、自由研究を手軽に取り組むことができます。このサイトで提供させていただいた話題を元に、少しでもお子さんの夏休みの自由研究や工作のお手伝いができればと考えています。

歴史

陶磁器の研究5

夏休みの自由研究と工作

今日は、工作の話題から研究につながればよいきっかけのためのキットの紹介です。

レ 工作から研究へ?
レ そんなことできるの

自由研究って難しいですね。実験や研究に興味をもって次につながればいいんです。
どうせなら、楽しい経験を添えてやれば、研究が楽しくなるのではないでしょうか。

そうなるように、ちょっとだけ、親がサポートしてあげればいいかと思います。

すてきなコップ、オリジナルなコップを簡単に作ることができるキットで
なぜ、簡単にコップに色づけすることができるのか、焼きあがるのかを実験して、その仕組みを考えて見ましょう。



たとえば
陶磁器の仕組みや歴史を調べてみるのもよいでしょう。

陶磁器とは
陶磁器(とうじき)は、土を練り固め焼いて作ったものの総称。やきもの。セラミックの一種で、畿内より東では瀬戸物(せともの)と呼ばれ、中国、四国以西では唐津物(からつもの)とも呼ばれる。焼き方や用途や生産地などから数多く分類される。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

地域で有名な陶磁器の産地、
伊万里や瀬戸などを調べるのもよいかもしれませんね。

☆お子様の創造力・ひらめき力 UP!☆夏休みの自由研究に最適ですよ♪☆ぜひ、親子でチャレンジ...

顕微鏡の研究・顕微鏡の歴史研究5

夏休みの自由研究の話題の提供


夏休みの自由研究って何を研究したらいいかわかりませんね。
とても難しいと思います。

そこで、簡単に自由研究が完成するキットを使って
宿題を終わらせましょう。

そして、実験や研究を身近に感じればよいと思います。

今日紹介するのは、顕微鏡です。

顕微鏡とは
光学顕微鏡(こうがくけんびきょう)は、可視光線および近傍の波長域の光を利用する、顕微鏡の一種。単に顕微鏡と言う場合、これを指す。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

ミクロの世界って興味がありますよね。顕微鏡でミクロの世界を探検しましょう。
顕微鏡に、解剖用具など必要な物がそろっていて手軽に使えます。
季節の花や虫たちを見てみよう。

ケンコー顕微鏡 STV-500Mケンコー顕微鏡 STV-500M 最大900倍の倍率 自由研究に最適 STV500M

■顕微鏡(100倍/450倍/900倍)…1
●接眼レンズ…1/スクリーン…1/スライドグラス…11/ラベル…11//スライドカバー…11/標本スライド…1/メス…1/ヘラ…1/ピンセット…1/ネジまわし…1/採集ピン…1/採集容器…3/予備電球…1/3倍拡大鏡…1/取扱説明書
■品番/130728

また
顕微鏡の歴史を研究するのもいいでしょうね。
虫眼鏡も顕微鏡の一種ととらえると、その歴史は大変古く、紀元前から存在し、イランの遺跡から水晶を研磨したレンズが発見されています。しかしこの時代の用途は、集光で太陽熱を集めるためだったようで、傷口を焼いてふさぐために医者が使用していたようです。ナノフォトンのサイトで紹介されています。

・顕微鏡の研究
・顕微鏡の世界
・顕微鏡の歴史

火のおこし方の研究5

夏休みの自由研究に関する話題を提供します。

夏休みや秋のキャンプで自由研究をしましょう。
キャンプで自由研究ってどうやってするのでしょうか。

レ そんなんないよ
レ 遊びに夢中
レ そんな暇はない

とお考えでしょうが、その遊びの中に研究の要素があるのです。

それは、キャンプといえばキャンプファイアーですよね。
その火おこしです。



社会や総合的な学習、野外活動などに最適です!
夏休みにキャンプやイベントで昔の人の体験をしよう!

火おこしの大切さ、大変さを実感して、現代の便利さを実感しましょう。

ライターやマッチは便利ですが自分でおこした火ならキャンプのご飯も格別に火おこし器 自由研...

自分でおこした火ならキャンプのご飯も格別においしくなります。

夏休みの自由研究のテーマとして
火お越しをテーマにいろいろ調べてみるとよいでしょう。

・火のおこし方の研究
・火と人類の歴史の研究
・火と日常生活の研究

ぜひチャレンジしてください。