夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究 工作といえば、何を作ろうか悩みます。小学校に入学した年ではじめての子供の場合は、何を自由研究したらよいか、何を工作してよいか悩みますよね。子供より親の方が悩むことが多いです。そんな小学生、ご両親に夏休みの自由研究 工作に関する話題を提供します。これで自由研究はバッチリとなるようにアイデアを提供します。最近は簡単に作ったり、自由研究できる工作キットや研究キットが発売されていて、自由研究を手軽に取り組むことができます。このサイトで提供させていただいた話題を元に、少しでもお子さんの夏休みの自由研究や工作のお手伝いができればと考えています。

天気

猛暑日について調べる

夏休みの自由研究・工作ワールド

自由研究は何をテーマとしたらいいか悩みますよね。

・悩む
・自由って難しい
・どうしよう

って思いますよね。
私もそうでした。

そこで、よくあるのは科学に興味を持たせるための実験だったのですが
実験がニガテとう方も多いのです。

そこで、自由研究のテーマとして
いろんなものを調べるとこを行ってはいかがでしょうか。

たとえば
記録的な暑さがありました。

テレビでは

「猛暑日」

といっていましたがが
この言葉のいみを調べてみましょう。

猛暑日は天気予報の用語になったのは2007年4月からです。
今までは、真夏日という表現をしていました。

確かに
真夏日という言葉のほうが猛暑日より、気持ちだけ涼しげですね。

猛暑日:最高気温が35度以上の日
真夏日:最高気温が30度以上の日
夏日:最高気温が25度以上の日
熱帯夜:一晩中、気温が25度以上の日の夜
冬日:最低気温が0度未満の日
真冬日:最高気温が0度未満の日

他にもいろんな言葉が使われています。
これらを調べてみてはいかがでしょうか。

毎日変わる天気のふしぎを5つの実験で探ってみましょう。266 よくわかる!お天気じっけんセット

夏休みの自由研究に天気と気温の実験5

夏休みの自由研究・工作ワールドです。


夏休みの自由研究や工作といった夏休みの宿題になやむ
方を救済するためのサイトです。

簡単に宿題を解決するためのヒントを提供します。

簡単に夏休みの宿題が完成したら
あとは遊ぶだけとうい人もいますが、そう簡単ではありませんね。

夏休みの宿題を完成させて、こんどは夏休みにしか体験できないような
思い出づくりという宿題をぜひ完成させてください。

で、
簡単に夏休みの宿題を完成させるキットを紹介します。
キットを使った自由研究なので簡単にできてしまいます。

簡単にできると次をやってみよう!
ということにつながるのです。

そうすれば、自分の内面にある思わぬ力を実感するでしょう。

また、ご両親がこのサイトを見ているのなら
そっと自由研究キットを買ってあげて、サポートしていみると
いいと思います。

小学校で学ぶ天気や気温について学ぶキットです。キットは温度計、風速計、気圧計、湿度計、雨量計を作って観察や実験を行います。

【実験内容】
風速計の組立て、風速を調べる、吹流しを作ろう、凧を作ろう、地球上の水の循環、蒸発について、雲の観察、雲を作る、雨を降らす、雨量計を作る、雨つぶの大きさを調べる、雷雨、雷光と稲妻、稲妻を作る、緯度と天気、乾湿計を作る、pHとは、酸性雨、温室効果、気圧計を作る、気圧を計ろうなど31実験

天気と気温が一通り学べます!YK-05 ツリーオブナレッジ 天気と気温5250円以上送料無料代引無...

天気と気温という身近な話題を調べることで
いろんなことがわかってきますね。

天気の研究5

夏休みの自由研究・工作の話題の提供。

夏休みの自由研究・工作ってどちらも難しいテーマです。
簡単に自由研究の宿題を解決したいという視点で、情報提供していきます。

最近の天候ってちょっと異常だなぁ…って感じませんか?何故異常なのかを知っておく事ってかなり重要な事ではないでしょうか。
お手軽に楽しく天気の仕組みを学びつつ、私達が今存在している地球についてもっと良く知れるチャンスを、この実験キットが作ってくれます。
親子や友達、恋人同士でエコや地球の事、切り口をすこーし変えて考えてみてみませんか?


天気とは

天気(てんき)は、ある場所における、ある時刻もしくは一定の期間の、地表に影響をもたらす大気の状態である。

国際的には96種類が定められているが、日本の気象庁では以下の15種類を用いている。

快晴 空全体に対して、雲の占める面積が2割未満の状態。
晴れ 空全体に対して、雲の占める面積が2割以上9割未満の状態。
薄曇 - 雲の占める面積が9割以上で、巻雲、巻積雲または巻層雲が多い状態。
曇り 雲の占める面積が9割以上の、上記以外の状態。
煙霧 黄砂・煙または降灰があって、視程が1km未満になっているか、全天がおおわれている状態。
砂じんあらし(砂塵嵐) 砂じんあらしのため、視程が1km未満になっている状態。
地ふぶき(地吹雪) 地ふぶきのため、視程が1km未満になっている状態。
霧 霧または氷霧のため、視程が1km未満になっている状態。
霧雨 直径0.5mm未満の細かい水滴だけが降っている状態。
雨 直径0.5mm以上の水滴が降っている状態。
みぞれ(霙) - 雨と雪が混ざった降水の状態。
雪 結晶状態の氷滴が降っている状態。
霰(あられ) - 直径5mm未満の氷滴が降っている状態。
ひょう(雹) - 直径5mm以上の氷滴が降っている状態。
雷 過去10分以内に、雷電または雷鳴があった状態。

出展:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天気っていっても様々な分類があるのですね。
世界では96もの分類があるというのも驚きです。

そんな日本や世界の天気について調べてみるのも自由研究のテーマになりますね。

また、簡単な実験を行うことで、天気に対する考え方、見方を理解することができるキットもあります。
これらを使って研究してみましょう。

天気の仕組みがよくわかる!お天気実験セット

天気と気温5

夏休みの自由研究のアイデアを提供するこのサイト。

紹介する自由研究キットはこちら


セット内容
速計、風速計の風車、気圧計の台紙、温度計2個、方位磁石、虫眼鏡、鏡、ピンセット、
ビニールチューブ、注射器、ビーカー2個、風船、ゴムリング2個、紙とじファスナー5枚、
プラスチックのプラグ、pH紙、pH判定表、英文テキスト、和文テキスト

風や雨、雷などの自然現象や温室効果などの環境について31もの実験ができる天気と気温。

自由研究にぴったり!天気と気温キット