夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究 工作といえば、何を作ろうか悩みます。小学校に入学した年ではじめての子供の場合は、何を自由研究したらよいか、何を工作してよいか悩みますよね。子供より親の方が悩むことが多いです。そんな小学生、ご両親に夏休みの自由研究 工作に関する話題を提供します。これで自由研究はバッチリとなるようにアイデアを提供します。最近は簡単に作ったり、自由研究できる工作キットや研究キットが発売されていて、自由研究を手軽に取り組むことができます。このサイトで提供させていただいた話題を元に、少しでもお子さんの夏休みの自由研究や工作のお手伝いができればと考えています。

原子力

夏休みの自由研究のテーマは原子力

夏休みの自由研究には環境やエネルギーについて学ぼう。

夏休みの自由研究は終わりましたか?

まだ、終わっていないあなたはいそいで宿題を完成させましょうね。

まだ、宿題を終えていないあなたに
夏休みの自由研究のヒントを少し紹介します。

先日福井県にある原子力とエネルギーの学習遊園地の「あっとほうむ」で無料配布されていた「わくわく地球号」という冊子があります。

この冊子は小学生のための「やさしい原子力」というサブタイトルがついているとおり、とてもわかりやすく原子力を学ぶことができます。

この冊子を入手すると自由研究がはかどりますよ。

・便利になった私たちの生活
・エネルギーの利用と自然
・いろいろな形に変わる電気エネルギー
・発電所から送られてくる電気
・発電のしくみ
・水力発電所のしくみ
・火力発電所のしくみ
・原子力発電所のしくみ
・新エネルギーのしくみ
・福井県の原子力発電所
・エネルギーなどを学習できる施設(福井県)

このようなことが冊子でわかりますし、自由研究にとってよい材料になりますね。

時間があれば原子力に関する福井県の施設を訪問してもいいでしょう。

・福井原子力センター「あっとほうむ
福井県原子力環境監視センター
・福井県若狭湾エネルギー研究センター「エネルギーキャンプ
・日本原子力発電(株)「敦賀電子力館
・(独)日本原子力研究開発機構「アクアトム
・関西電力(株)美浜原子力PRセンター
・関西電力(株)エル・パーク「おおいり館
若狭たかはまエルどらんど
・敦賀市こどもの国「アトムASOBOランド
・福井県児童科学館「エンゼルランドふくい


原子力について自由研究

原子力の科学館で原子力を学ぶ。

夏休みには近くにある科学館を訪問すると夏休みの自由研究や工作の宿題がはかどります。

様々なことを科学館では学習することができます。

先日訪問した福井県にある原子力の科学館「あっとほうむ」では
子供たちが楽しく学習することができます。

例えば、福井県に原子力発電所はいくつあるの?

13基の原子力発電所と”もんじゅ”と”ふげん”
関西電力(株)高浜発電所、大飯発電所、美浜発電所、(独)日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ、原子炉廃止措置研究センター(ふげん)、日本原子力発電(株)敦賀発電所

福井県にある原子力発電所で、関西の電気の半分以上をつくている。

なぜ福井県にたくさんの原子力発電所があるのでしょうか。
・固い地盤
・蒸気を冷やすための大量の水
・広い敷地
・地元住民の理解
という条件を満たしているからです。

このようなことががわかるのです。

また、原子力発電所の事故やトラブルもあり心配ですね。
どのような事故やトラブルがあったのかも、自由研究するのもよいですね。

いま注目の風力発電などと比較してもよいでしょう。

これで夏休みの自由研究は完成ですね。

子どもと話そう原子力発電所

原子力の学習施設「あっとほうむ」5

お盆に帰省したときに、夏休みの工作と自由研究。

お盆に福井県に帰省しました。
そのときに敦賀市にある原子力の科学館「あとほうむ」で様々な体験を子供たちと一緒にしてきました。

「あっと」驚き「はっと」気づく体験をしてきました。
「あっとほうむ」では、夏休みの自由研究や工作ができるので、宿題をまだ完成していない子にとって、ありがたい施設です。

訪問した日は、ペットボトルを使った風車の工作と実験をすることができました。

また、「あっとほうむ」では、たのしいゲームがたくさんあったので、子供と一緒に、大人も原子力について学ぶことができました。

一番人気は、あっと・ザ・マラソンです。
5人がマラソンのゴールを目指し、ゲームをしながら進みます。
途中には、原子力に関するクイズがあり、答えながら進みます。

今回は子供が一位でゴールし、私はゴール寸前で終了。

とてもたのしめました。
オススメの施設です。


原子力とエネルギーの学習遊園地。
あっとほうむはこちら