夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究 工作といえば、何を作ろうか悩みます。小学校に入学した年ではじめての子供の場合は、何を自由研究したらよいか、何を工作してよいか悩みますよね。子供より親の方が悩むことが多いです。そんな小学生、ご両親に夏休みの自由研究 工作に関する話題を提供します。これで自由研究はバッチリとなるようにアイデアを提供します。最近は簡単に作ったり、自由研究できる工作キットや研究キットが発売されていて、自由研究を手軽に取り組むことができます。このサイトで提供させていただいた話題を元に、少しでもお子さんの夏休みの自由研究や工作のお手伝いができればと考えています。

テーマ

チーズの生産量の一番多い、国内の都道府県はどこ

夏休みの自由研究・工作ワールド

夏休みの自由研究や工作に関する話題を提供しています。

チーズの出荷量の一番多い都道府県はどこ!?

簡単な問題でしょう。

・あたりまえじゃん。ちょっと考えたらあそこだよね。
・わかった。あそこに決まっている
・わからない。

という反応が目に浮かびます。

1位はどこでしょうか。

そう答えは、神奈川県なのです。

えっつ!
北海道じゃないの!?

北海道はでっかいどう
で牛もたくさんいるでしょ?

そうなんです
北海道は2位です。

1位が神奈川県。

国が出している
工業統計という統計データでそうなっているのです。

理由は
次のとおりです。

大量消費地がすぐ近くにある。

いわゆる東京ですね。
東京近郊で、チーズづくりを行って販売しているから
神奈川県が1位というわけです。

チーズの素材である
牛乳の生産が多いから北海道
というわけではないんですね。

こんな不思議を
自由研究テーマとしてはいかがでしょうか。

他にもあるかもしれませんよ。

夏休みの自由研究のテーマは原子力

夏休みの自由研究には環境やエネルギーについて学ぼう。

夏休みの自由研究は終わりましたか?

まだ、終わっていないあなたはいそいで宿題を完成させましょうね。

まだ、宿題を終えていないあなたに
夏休みの自由研究のヒントを少し紹介します。

先日福井県にある原子力とエネルギーの学習遊園地の「あっとほうむ」で無料配布されていた「わくわく地球号」という冊子があります。

この冊子は小学生のための「やさしい原子力」というサブタイトルがついているとおり、とてもわかりやすく原子力を学ぶことができます。

この冊子を入手すると自由研究がはかどりますよ。

・便利になった私たちの生活
・エネルギーの利用と自然
・いろいろな形に変わる電気エネルギー
・発電所から送られてくる電気
・発電のしくみ
・水力発電所のしくみ
・火力発電所のしくみ
・原子力発電所のしくみ
・新エネルギーのしくみ
・福井県の原子力発電所
・エネルギーなどを学習できる施設(福井県)

このようなことが冊子でわかりますし、自由研究にとってよい材料になりますね。

時間があれば原子力に関する福井県の施設を訪問してもいいでしょう。

・福井原子力センター「あっとほうむ
福井県原子力環境監視センター
・福井県若狭湾エネルギー研究センター「エネルギーキャンプ
・日本原子力発電(株)「敦賀電子力館
・(独)日本原子力研究開発機構「アクアトム
・関西電力(株)美浜原子力PRセンター
・関西電力(株)エル・パーク「おおいり館
若狭たかはまエルどらんど
・敦賀市こどもの国「アトムASOBOランド
・福井県児童科学館「エンゼルランドふくい


夏休みの自由研究にお台場ガンダム5

夏休みの自由研究のテーマ選び。

夏休みの自由研究は決まりましたか?
まだ夏休みの宿題を終えていないあなた早く研究テーマを見つけましょう。

そんなあなたに、自由研究テーマを提案します。

今日、提案するのはガンダムです。
お台場ガンダム


◎ガンダムってあのガンダム?

そう、あのガンダムです。
1/1 実物大のガンダムがお台場にあるのです。8/31まで。

ガンダムを見て、ロボットについて研究してみてはいかがでしょうか。夏休みの家族旅行の先としてもよいですね。

YOUTUBEで検索するとたくさんの映像を見ることができます。
台場 ガンダム

みたあとは、フジテレビに行くのもいいですね。

夏休みの自由研究は太陽電池を調べる5

夏休みの自由研究の実験テーマの選び方

夏休みは科学に興味を持ってみるのは面白いかもしれません。
科学を身近に感じる機会です。

レ 科学なんてよくわからない
レ おもしろそうだけど
レ ちょっと難しそう

そんな声が聞こえていますが
アインシュタインのレベルの科学を考えるとさぞかし難しいことでしょう。

もっと簡単に夏休みの自由研究として最適な実験があるんです。
それは、太陽電池を使った実験です。

我が家では太陽電池にモーターをつけてホログラムシールを回転させて光がダンスする様子を見ることができました。

太陽電池


角度によって輝きの色が違うので
きれいに見える角度は、どうなっているのかと不思議がりながら
楽しんで実験していました。

太陽電池ホログラム


このような機会から、科学に興味を持てばよいのではないでしょうか。

レ ソーラー電池ってどうなっているの?
レ 蛍光灯では動かなかったのに太陽では動くのはなぜ?

そんな疑問が生まれてきたらしめたものです。
図書館にいったり、家族で話を少しされてはいかがでしょうか。

以前にも紹介しましたが、
この実験はすぐできる実験図鑑を購入して取り組んだものです。



代引無料+送料500円!! 【取寄品】実験図鑑キットボックス 太陽パワー実験(ソーラープレーン)...

近くの本屋さんで取り扱っていることもあるようです。
私は本屋さんで購入しました。

紙コップでパンを焼く5

夏休みの自由研究。紙コップでパンを焼く。

紙コップでパンを焼く?
そんなことができるのでしょうか。

それを夏休みの自由研究として実験してみましょう。

1.紙コップにホットケーキミックス35gを入れる。

2.水30mlを入れて、割り箸で攪拌する

3.紙コップにスプーンを2本、両端に洗濯バサミで固定。AC100をコンセントから電気を取り、両端の洗濯バサミにつける。100v、100w用電球をその途中につけ、電気が流れていることを確認。サランラップで蓋をする。

4.パンができたら完成。

身近なものを使ってパンを焼くというもの、
小学生にはちと難しい。

簡単 夏休みの自由研究のテーマ選び5

夏休みの自由研究のテーマ選び。

どのようなテーマを選べばよいのでしょうか。
そのアイデアを提供するこのサイトです。

簡単 夏休みの自由研究のテーマ選び。

そんな自由研究キットを紹介します。


●理科の先生が推薦するキットです。
●アドバイスブックは理科の先生が監修しています。
●4つ(まぜる・飛ばす・光・音)の科学実験キットがあります。
●それぞれの科学実験ができる付録が付いています。
●報告用まとめ用紙が付いています。

理科の先生が推薦する!! サクラ 科学実験シリーズ 飛ばす編(KZ-08C)  夏休み自由研究

皆既日食の観測5

夏休みの自由研究のテーマとして最適なのは、
なんといっても46年ぶりの日食でしょう。

皆既日食を観測できるポイントが国内にあるのは珍しいです。
多くの地点で部分日食を観測できるでしょう。

日食を観測するには、遮光版を購入して観測しましょう。
くれぐれも直接太陽を見ることのないように。
大切な目が大変なことになってしまいます。


紫→藍→青→緑→黄→橙と変化5

夏休みの自由研究のテーマ・実験の選び方

夏休みの自由研究のテーマ選びは悩みの種。
そんなあたなに自由研究のテーマのアイデアを提供します。

メスシリンダーの中で、次々と色が変わる。

1.1lのメスシリンダーに水を4/5まで入れる。
2.万能指示薬を5ml加える
3.3mol・/lのアンモニア水を10ml加える。
4.2センチ角のドライアイスを加える

CO2+H2O ⇔ H+ + HCO-3

溶液の色は、紫→藍→青→緑→黄→橙と変化する。
赤にするには、炭酸より強い6mol/lの塩酸を数的加える。

この実験は、夏休みの自由研究で、学校の理科室などで、先生と一緒にやりましょう。

濃いアンモニア水は刺激臭がある。溶液を薄めるなど、取り扱いには、十分注意するひつようがある。ドライアイスも注意して取り扱うようにすることが大切です。


ドライアイスとマグネシウムの反応で、光るドライアイス実験

夏休みの自由研究・テーマ、実験。

夏休みの自由研究のテーマ、実験選び。
紹介するのは、先生と一緒にする実験。

ドライアイスとマグネシウムの反応で、光るドライアイス実験です。

準備するもの
・ドライアイス板(ブロック)
・ドライアイスをしく板
・ハンダゴテ
・Mg粉末 1g
・KClO3 1g
・Mgリボン
・Mg粉末4g
・タイル 高さ3センチ、長さ5センチほど、3枚
・セロテープ
・ライター
・ピンセット

実験
1.ドライアイス板にハンダゴテで穴を開ける。2センチ×2センチ
2.穴に、Mg粉末4gをいれ、Mgリボンを立てる。Mg粉末1gとKClO3 1gを混ぜたものを穴の上にのせる。
3.タイルで穴を囲う。セロテープで固定
4.ライターでマグネシウムリボンに点火
5.部屋を暗くして離れる。2M以上
6.ドライアイスがぼーっと光る。
7.燃焼物を観察

マグネシウムと二酸化炭素から酸化マグネシウムと炭素が発生

この実験では、多量の煙が発生する。換気装置が必要です。
風通しのよい、部屋で実験すること。

吹かなくても消えるろうそく実験5

夏休みの自由研究のテーマ・実験選び。

夏休みの自由研究ほど悩むものはありません。
どんな自由研究をするのか、”自由”なのですから。

実験内容は、吹かなくても消えるろうそく実験です。

最初に準備です。

・ろうそく6本
・7段の階段づくり
・ドライアイス

7段の階段づくりは、各段にろうそくを立てるスペースと、
両サイドに壁面を作ります。
幅5センチの書類たてだと思ってください。その中に7段の階段があります。

7段の階段にろうそくを下段から6本立てていきます。
最上段はろうそくをおきません。

準備ができたら、いよいよ実験開始です。

実験開始

ろうそくに火をつけます。
次に、一番最上段にドライアイスを置きます。

すると、ろうそくはどうなるのか検証してみましょう。

ろうそくは、そのまま燃えているのでしょうか。
下段から消えていくのでしょうか。
上段から消えていくのでしょうか。

ポイントは、7段の階段の装置を隙間なく作ることです。
二酸化炭素を使うため、それがもれると実験は思うように進みません。

火を使う実験なので、十分注意して行ってください。