夏休みの自由研究についての話題を提供しています。

夏休みの自由研究は悩みの種です。
私もずいぶんと自由研究は悩みました。
水をつかった実験などをやりました。

今から思えば、なんといいかげんな実験だったことか。

それでも、自分で実験内容を考えて、取り組みをしました。

そんな風に、自力で実験にチャレンジする精神が大切だと思いますよ。
私の場合は、結果はめちゃくちゃでしたけれど・・・(笑)
設計が悪いというか・・・。目的が明確ではなかったのが
一番悪かった。と思います。

何を目的に実験するのかが不明確だったんですね。

そこがポイントです。

つまり、何かのテーマを選び、それについて調べたり、実験するのですが

何のために、この実験をするのかを明確にすると
取り組み内容、取り組み方も鮮明になってきます。

つまり
実験の取り組み姿勢です。

1.目標の設定
2.目標を達成するためのやり方
3.やってみてどうだったか
4.やり方を替えて、できないか

というやり方が大切です。

そんなことをいうより
失敗を恐れず、チャレンジすることです。

それから、振り返ってみると
よいと思います。

夏休みの自由研究にチャレンジ!
ライバルに負けるわけには、いきません。6年理科の基本マスター(年間セット)