薬剤が聞かない害虫がなぜ誕生するのか。

殺虫剤を散布して人間や農作物などに被害を与える害虫を駆除するが
なぜ、薬剤が効かない害虫が誕生するのでしょうか?

農作物を食い荒らされては、農家が困ります。
家ならばシロアリでしょうか。

いろんな害を与える虫のことを害虫といいます。

しかし、最近、殺虫剤などが効かない害虫が生まれています。
その理由を考えて、まとめてみるのもよい夏休みの自由研究になりますね。

実際のところ、同じ殺虫剤を使い続けるとその薬剤が害虫に聞かなくなるのです。
害虫は、自身の遺伝子が変異して薬剤の耐性が加わるというのが通説だ。

しかし、産業技術総合研究所と農業環境技術研究所の研究グループが見つけたのは、
生存率が高い虫の消化管に、殺虫剤を分解する細菌がいたことを突き止めたという。

自身の遺伝子が変異して薬剤への耐性を持つとされていたことに
対して新意発見です。

もう少し、詳しく調べてみるといい自由研究になりそうですね。

園芸用品・ガーデニング雑貨の井手商会。アメリカ合衆国環境保護庁・アメリカ合衆国食品医薬品...