夏休みの自由研究


今年の7月1日は少しだけ1日が長くなるって知っていますか?

そんなわけないでしょう。一日は24時間しかないんだから。

という反応が一般的でしょう。

本当に7月1日が少しだけ一日が長くなるのです。
それは、「うるう秒」だからです。

「うるう年」は4年に1回おこるので知っているけれど
「うるう秒」は、はじめて聞いたという方も大井でしょう。

今年の7月1日に、時刻に1秒を加える「うるう秒」があります。

これまで24回実施、今回で25回目の「うるう秒」が行われるのです。

なぜ、「うるう秒」が起こるのでしょうか?
その答えは、地球の自転が不規則だからということです。

地球の自転は正確なようで、実は不規則なのです。
そのせいで「うるう秒」で調整するのです。

地球の自転が不規則になる理由はいくつかあって、
これらを調べてみると、夏休みの自由研究になりますね。

例えば

・月の重力による海の潮汐
・季節ごとの気候変動など

地下のマントルの動きなも調べてみるといいかもしれない。
それと「うるう秒」は、今回は1秒増加するが
削減することもあるのか気になるところ。

地球の自転が遅くなると、「うるう秒」が増加し
地球の自転が早くなると、「うるう秒」が減少する。

さて、いろいろと調べてみると面白い。

◆あす楽対応◆時計|壁掛け時計|壁掛時計|壁かけ時計|掛け時計|掛時計|かけ時計|壁掛け|壁掛|壁...