5月21日の金環日食の観察

5月21日は金環日食があるのをご存知でしょうか。
国立天文台が金環日食のことを詳しく紹介しています。

全国で部分食を見ることができますが、
東京、名古屋、京都、大阪、などの大部分で金環食を見ることができるのです。

まずは、自分の住んでいる場所で金環日食なのか、部分食なのか調べてみるといいです。
私たちが住んでいる場所は、金環食が見ることができます。

見ることができる時間帯は、場所によって違います。
主な地点で見ることができる時間は下記のとおりです。

    食のはじめ 金環食のはじめ 金環食の最大 金環食の終わり 食のおわり
東京 6時19分   7時31分     7時24分    7時37分      9時2分
京都 6時17分   7時30分     7時30分    7時31分      8時55分
鹿児島6時12分   7時20分     7時22分    7時24分      8時42分

6時すぎから9時前までが天体ショーのはじまりと終わりです。

ちょうど通勤時間帯です。

この機会を逃すと、しばらくは金環日食、皆既日食を見ることができません。

ちなみに次回は

・2030年 金環日食
・2035年 皆既日食

です。今回みたいものですね。


日食のしくみ

日食は太陽と地球の間を、月が横切ることで起こります。
太陽の一部分だけが欠けることを部分日食といいます。

太陽が全部隠れることを皆既日食、縁の部分から光が見えるのが金環日食です。

今回は金環日食です。
相対的に、太陽が地球より近く、月が地球より遠い場合に起こります。


観察方法

絶対にやってはいけないこと

・直接太陽を見る
・サングラスをかけて太陽を見る
・望遠鏡で太陽を見る
・写真のネガを通して太陽を見る
・ろうそくのススをつけたガラスで見る
・色つき下敷きを通して太陽を見る

上記のことはやってはいけない。
太陽の光は強く、最悪の場合は失明に至るといわれています。

その場合は、専用のメガネを装着してみるのがいいでしょう。
スーパーなどでも販売されています。



特に、小さな子どもは絶対にやってはいけないことをわからずに太陽を見てしまうことが
あるので、注意が必要です。

金環食を見て、太陽と月、地球と宇宙の壮大さを知りましょう。

【送料無料】金環日食“カンペキ”観測ノート 特製日食メガネ付!